衣装店で振袖レンタル 記念写真の撮影ナビ

結婚式の記念写真は披露宴で着れなかったレンタル衣装を

記念写真での思い出というと、結婚式で着れなかったレンタル衣装を着て写真を撮った事があります。
私としてはレンタル衣装を見に行った時にとても気に入ったドレスがあったのですが、ちょっと色合い的に華やかすぎたようで、主人の両親には不評でした。
主人は「着たいなら着たほうがいいよ」と勧めてくれたのですが、私の両親には「これから家族になる向こうの両親が反対してるなら角が立つようなことはしないほうがいい」と言われ、結局あきらめる事にしたのです。
その時にレンタル衣装のショップの店員さんにこっそりと教えてもらったのが、結婚式の記念写真という形で結婚式では着れないドレスを着る方法でした。
店員さんが言うには、私のように家族の反対にあったり、お色直しの回数やもろもろの事情で、好きなウェディングドレスが着れない人は意外と多いようです。
そんな時は思う存分自分の着たいレンタル衣装で記念写真を撮るように勧めるのだと話してくれました。

結婚式は親族や会社の関係者など、色々な招待客を呼ぶので、自分の思い通りにできない部分も出てきます。
そして主人や周囲の顔を立てるためにも我慢しなければいけない部分もあるでしょう。

でも記念写真は別です。
これは本当に個人で撮るものなので、好きなレンタル衣装を誰の気兼ねもなく選ぶ事ができます。
主人に記念写真の事を相談したところ、快くうなずいてくれたので、記念写真は自分の気に入ったドレスを、結婚式当日は主人のご両親が選んだ衣装を着る事にしました。
どちらもつつがなく無事に済んだのでよかったと思っています。

お役立ち情報

Copyright (C)2018衣装店で振袖レンタル 記念写真の撮影ナビ.All rights reserved.