衣装店で振袖レンタル 記念写真の撮影ナビ

レンタル衣装を着て記念写真を撮りましたが子供は不機嫌でした

子供が生まれてから、よく写真を撮るようになりました。
まず生まれてすぐにすごい量の写真を撮り、それからはもう何かあるごとにカメラを向け、どうでも良い時ですらカメラをむけています。
どちらかというと私ではなく主人がそうするのですが、もともとカメラに興味があるのは私でした。
私がことあるごとに主人を撮影しようとすると顔をかくしていたくせに子供が生まれてからは人が変わったように常にカメラを持ち、自分も一緒にとってくれとまで言ってきます。
ここまで変われるなんて子供の力は本当にすごいと思いました。
この先どうなってゆくのだとうと心配していたら、やはりその時はきました。
まず100日のお祝いの時のことです。
記念写真を撮る時に写真のアルバムを3セット注文したのです。
私はてっきり一つだと思っていたのに主人はお互いの両親にも渡そうとしていたのです。
あまりの親ばかぶりにあきれてしまいました。

次に1歳の誕生日にまた記念写真を撮ることになった時の話です。
この時子供の服ははレンタル衣装にしたのですが、服を選ぶのにものすごく時間がかかったのです。
しかも何着も試着をさせたので子供はだんだん疲れて不機嫌になってきました。
1時間かけてようやく衣装を決めて撮影を始めた時には子供は大泣き、とても撮影どころではありません。
でもそこはプロの人達の力でなんとかなりましたが、もう顔はグシャグシャでした。
子供のこととなると我を忘れてしまうようなところがあるのでまだまだこの先が心配です。
Copyright (C)2018衣装店で振袖レンタル 記念写真の撮影ナビ.All rights reserved.